top of page
検索
  • 執筆者の写真そろばん教室 やさしい

19☓19までの掛け算を簡単に

小学2年で掛け算が出てきますが、九九はほぼ暗記です。子供に「覚えなさい、暗記しなさい」ではなく。子供と一緒に親が九九に興味を持って下さい。


親と一緒に楽しんでやれば、子供はものすごいスピードで何でもスポンジの様に吸収します。


学校では教わらない19☓19までの掛け算の方法



例14☓13


手順①

かける数の13の1の位の3を、かけられる数の14に渡す。(この段階で)以下をイメージする 。


14+3 ☓ 13−3

17☓10=170⇛一旦この170を覚えておく。



手順②

1の位どうしをかける。14の4と13の3


4☓3=12⇛一旦この12を覚えておく。


手順③

手順①の170と 手順②の12

を足し算する。


170+12=182



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そろばんの基本運指

4+1を考えて見ましょう。 すでに1玉が4つそろばんに入っているので、物理的に足そうとする1を動かせません。 「足せない1」の状況になります、 前回の話から、足せない1は、10をつくる事を考えると (9とって10足す)、 という動かし方をするのですが、そろばんには、4しか無いです。 こういうパターンは10をつくるのではなく 5を作ることを考えます。 足そうとする1を5にするには、あと4が必要なので

そろばんの基本運指

そろばんの足し算引き算中に、足せない時、引けない時が出てきます。 見取り算(加減)の基本的な考え方は以下の4つです。 足すときに 1️⃣10を作る 2️⃣5を作る 引くときに 3️⃣10から引く 4️⃣5から引く では、1番から説明していきましょう。 9+1を考える時に、すでに9が入っているので1が動かせないですね。 この時足そうとする1を10にすることを考えます。 たそうとする1を10にするには

子供たちの吸収力

おはようございます。やさしいそろばん教室の橋本です。 日々子供たちを見ていますと、スポンジの様な吸収力に脱帽します。 大人が思う「まだ早いのでは、、、」という感情は子供の成長をある意味遅くさせていると再確認しました。 先ずは、大人が楽しそうにしていれば、 「何それ?」と 自然と子供も興味持ちます。

Comentários


bottom of page